パソコンをする時の正しい姿勢・座り方

猫背を治す方法!姿勢を良くする方法やトレーニング

パソコンをする時の正しい姿勢・座り方

スポンサードリンク

.

正しい姿勢のための椅子の高さ

パソコン

パソコンをする時の正しい姿勢の理想は、肘、腰、膝がそれぞれ90〜100度になる姿勢、といわれています。パソコンをする時の椅子の高さを膝がちょうど90〜100度になる高さに調節することが正しい姿勢につながります。オフィスの椅子の高さの調節が難しい時は、台を利用するなどして正しい姿勢をつくるようにしましょう。正しい姿勢をとるためには、足元のスペースにも配慮を。余計なものがあると足の位置が制限され、足に負担がかかります。足裏をしっかり地面につけることもパソコンをする時の正しい姿勢・座り方です。パソコンをする時の正しい座り方は、お尻を一番後ろまで引き、背もたれを使うことが正しい座り方です。前かがみになることなく、そりかえることもなく、楽な姿勢で作業ができる姿勢でいられる座り方をしましょう。


ページのトップへ ▲

机の高さはどれくらい?

机の高さ

パソコンをする時の机の高さは楽な姿勢で肘を置いたときに、肘が90〜100度になる程度の高さが正しい姿勢といえます。この高さでパソコンをすると、腕の重さを筋肉で支えずにすみます。パソコンをする時、腕が体から離れると、肩の筋肉で腕の重さを支えることになり、肩や背中の筋肉に負担がかかるのです。これでは正しい姿勢・座り方とはいえません。また、腕を前に伸ばすと猫背になりやすくなります。猫背になり背中が丸まると、頭の重さを筋肉で支えることになり、首もこってきます。パソコンをする時は机の高さを合わせ、正しい姿勢・座り方をすることで、猫背を予防し、肩こりや首こりも予防していきましょう。


ページのトップへ ▲

正しい座り方で体への負担を軽く

パソコン

パソコンをする時の正しい座り方として、肘の位置にも注意をしましょう。手首や肘の動かし方や位置によっても体への負担は変わってきます。手や手首に力を入れすぎず、リラックスして使うようにしましょう。肘は体の近くにおき、机や椅子の肘かけなどで手首や肘を支えるようにすると長時間のパソコン作業でも疲れやすさが違います。また、モニターの位置は、背筋を伸ばした状態で画面の一番上が目の高さになるようにしましょう。画面の高さが低いと、下を向いてパソコンをすることになります。それは頭が背骨の上に乗っていない状態で、筋肉に余計な負担がかかります。正しい姿勢・座り方で体への負担を軽減していくことが大切です。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 猫背-ホーム | 猫背の原因と病気 | 猫背を治す方法 | 直し方と注意点 | 背筋を鍛えると治る? | ストレッチ法 | 効果のあるトレーニング | 猫背解消体操 | 自宅で直す方法 | 治療と整骨院の選び方 | 整体で治るの? | 正しい姿勢の保ち方 | 姿勢を良くする方法とコツ | 姿勢矯正椅子 | 姿勢矯正ベルト・下着 | パソコン時の正しい姿勢 | 猫背と頭痛 | 背骨の痛みと猫背 | 首猫背と矯正方法 | 腰猫背と矯正方法 | 子供の猫背と姿勢矯正 |

Copyright (C) 猫背を治す方法!姿勢を良くする方法やトレーニング All Rights Reserved.